三井住友VISAカードのポイント

三井住友銀行で口座を作ったおりに、ついでに作ったVISAカードのポイントがいつの間にか少し貯まっていました。それほどカードで買い物をする方ではないのですが、塵も積もればなんとやらです。三井住友カードのポイントは、ポイント数に応じて商品に交換するか、マイレージ、電子マネー、楽天、T-POINTなど様々なサービスのポイントに交換することができます。私はいつも楽天のポイントに交換するのですが、今回はヨドバシカメラのポイントに交換しました。カード1ポイントにつき、ヨドバシカメラでは5ポイントに交換できます。今回200ポイントなので1000円分のポイントに交換することができました。今度、スマホケースを購入する予定なので、このポイントをありがたく使わせてもらおうと思います。

税金のクレジットカード払いについて

クレジットカードでnanacoにチャージしてから税金を払うとポイントがつくということを知り、数年前にnanacoチャージができるクレジットカードを作ったのですが、規則が変わったということでほとんどポイントがつかない制度に変更になりました。固定資産税や自動車税、市県民税などは結構金額が大きいので税金の支払いにクレジットカードのポイントがつくのは魅力だったのですが、ポイントがつかなくなったので、yahoo!公金払いに変更しました。yahoo!公金払いはクレジットカードのポイントが貯まりますが、手数料がかかります。ですが、手数料よりも還元されるポイントが上回り、多少お得ですし大きいお金を払う時にカード払いできた方が便利なので、重宝しています。

クレジットカードも滞納するとブラックリストに登録されてしまいます

クレジットカードは手軽で便利ですよね。クレジットカードはカードを作ることも簡単ですし、消費者金融と違って借金をしているという感覚がないので、中には簡単に支払を滞納させてしまう方もいるのではないでしょうか。でも、クレジットカードを滞納し続けると、信用情報機関、いわゆるブラックリストに登録されてしまうので安易に考えてはいけません。通常、支払が61日以上滞納、あるいは3ヶ月連続で遅滞をすると情報が登録されてしまいます。一度情報が登録されてしまうと、それ以降は滞納せずにきちんと支払をしたとしても、情報は5年間は消えることがありません。そして情報が登録されている間は、新たにクレジットカードを作ることもできず、また例えば車を購入しようと思ってもローンを組む際の審査にとおることが出来なくなってしまいます。つい支払を滞納してしまったために結果的にブラックリストに登録されてしまうような事態にならないためにも、支払い可能な範囲でのカード利用を心がけるとともに、カード会社からの通知も捨ててしまわないできちんと目をとおすようにしましょう。

おすすめのクレジットカードは?

私がよく利用しているクレジットカードは楽天カードです。楽天カードといえばよくテレビCMでも頻繁に流れていて認知度がとても高いカードだと思います。CMでも宣伝されているように、楽天カードを作るメリットはズバリ利便性だと思います。楽天スーパーポイントという利便性抜群のポイントが貯まり易いのが大きなメリットです。楽天ポイントカードでリアル店舗にもいよいよ出てきましたし、今後ますます便利になっていくのではないでしょうか。他にも年会費や発行料金が無料であったり、楽天カードに申し込むだけで楽天ポイントがいきなり貰えるお得な入会キャンペーンを開催していることでも有名です。楽天をよく利用する方にはうってつけのカードだと思います。

エメラルドSTACIAカード

関西地区の方のみがご存じのカードです。以前はエメラルドカードといって、阪神百貨店でだけクレジットとして使えるカードでしたが、数年前の有効期限の切り替えでMaster付き・PiTaPa機能付きのカードになりました。年間1度でもカード利用があれば、年会費は無料になります。クレジット利用でのポイントは¥200で1ポイントが付き、阪急阪神グループのお店だと¥200で3ポイントがになります。エメラルドカードだった時は、阪神百貨店での買い物はセール時でも5%オフになった他、百貨店での美術展の招待券がもらえたり、かなりメリットがありましたが、今はそれほどお得感はありません。阪急・阪神電車沿線にお住まいの方は、PiTaPa機能があるので便利だとは思います。

次年度以降も見ていく必要があるクレジットカードの年会費

クレジットカードの年会費は支払う必要のある場合とない場合があります。これはカードによって異なってくるために契約の際にチェックが必要であり、掛かり方なども細かく見ていくことが重要になります。その中でも年会費が無料である場合でもカードによって条件が変わってくることがあるのです。年会費無料の場合でも契約中ずっと無料の場合もあるのですが、中には初年度のみ無料というケースも存在します。そのために全く掛からないと思って契約しても次年度以降は年会費を支払わらないといけないこともあるために、無料でもどこまで無料などのかというのをクレジットカードによって見ていかなければいけないのです。年会費は初年度だけではなく次年度以降のことも見ていくことがクレジットカードを決める上で重要となります。

近所のお店のクレジットカードで得をしています

近所に大手のお店があるとうことで、それと共にそこのクレジットカードを使用するようにしています。特に審査もスムーズに通るので、わりと手早く使うことができましたが、大手のお店のメリットにはやはり入会時の得点として商品券などがいただけることだと思います。それに年会費なども無いということも無駄に作ったとしても損をすることもありませんし、それだけでも得をした気分にもなれます。得点も他に色々用意されているし、基本的に割引などのクレジットカード利用をしていますが、ポイントも自動に貯まるのも良い点だと思ってます。貯まったポイント、食事券などに交換してその都度便利にクレジットカードを上手く使うように心がけています。

楽天カードはポイントがどんどん貯まります。

クレジットカードと言えば楽天カードです。食料品やファッション、電化製品など事あるごとに楽天市場で買い物をする方にはメリットが大きいカードです。楽天カードは作るだけで5000円のポイントがゲットでき審査は比較的甘いことで知られています。このカードはポイント還元率が高く楽天市場以外の店舗やサイトでの買い物も100円あたり1ポイント得ることが出来るのです。更に楽天市場内ですと倍のポイントが得られるため知らぬ間に多くのポイントが貯まっているといったことがしばしばあります。貯めたポイントは全て楽天市場で使用出来るためこのカードを使わない理由がありません。このカードはアプリがある為面倒なログイン無しで利用明細一覧が見られるのも大きなメリットです。

長く使い続けたからこそ恩恵にあずかるカード

私は学生の頃からずっとマルイでお買い物をしていたせいで、流れでエポスカードに入会しました。最初は普通のVISAカードで、特にステータスとか興味が無かったので普通のカードで十分だなと思ってそのまま使い続けました。使い続けて数年後にエポスのカードセンターから何とゴールドカードへのインヴィテーションが届いたのです。通常にゴールドカードを申し込んだ場合は年会費が確か五千円程発生するのですが、インヴィテーションでゴールド会員になれば何と永年年会費無料との事だったので、特に何も考えずそのままゴールドカードに移行しました。ゴールドカードの優待は特にあまり利用していませんが、お店等でカードで支払いする際にゴールド色のカードってちょっと優越感に浸れます。

即日発行のクレジットカードの種類とはどのようなものか?

即日発行できるクレジットカードにはどのような種類があるのでしょうか。そしてそれにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。今日は即日発行できるクレジットカードの中でも多くの人が利用しているアコムマスターカードについて記したいと思います。アコムマスターカードとは文字通り消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。即日で発行できるクレジットカードですが、サービス内容は充実しています。20歳以上で安定した収入があれば学生でも主婦でも大丈夫です。さらにマスターカードなので海外でも利用することが可能です。このようにアコムマスターカードにはメリットがありますが、一方でデメリットもあります。アコムACマスターカードにはポイントが付きません。クレジットカードを利用しても特典が付かないのは少しもったいないです。
つまりACマスターカード即日発行という最大のメリットを享受しつつ、落ち着いたらほかのクレジットカードを模索していくという考え方がよいでしょう。